FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿

column'n base blog

キャブクーパー乗りタケがおくる、クルマ趣味の話題がメインの備忘録デス。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
g_tank

これは、ミニ子のガソリンタンクの写真。
暗くて見難いですが、上のほうにピョコっと
飛び出てるのがエア抜きのホース。
これはフューエルラインへガソリンを
送り出しやすくするためについてます。
でも、タンクに直接穴が開いている状態ですから
ここから、ちょっとずつガスは気化するし、
満タン状態でマシンに横Gがかかると、
ガスが吹き零れていたりしました。
(写真下半分に零れた跡が……)

正直に白状しますと、この状態が当たり前だと
思ってました…その時までは!

先日のかえる耐マシンの整備の際に、
かえる専にはついているのに
ウチのミニ子にはついていないパーツを発見。
それは……

ワンウェイバルブです。

bulb

これがついていれば、タンク内に空気は入るけれど、
タンク内から外へガスが零れたりはしない!
フツーは、ちゃんとついているらしい。
何故、ウチのについていないのかはともかく、
なんとかしなくちゃなるまい。

で、運良く73@高橋さんから予備のバルブを
譲ってもらえたのでさっそく装着。バッチリ機能!

去年あたりからガス臭いガス臭いとは思っていたのですが
タンクキャップを変えたり、ブローバイホースの取り回しを
変えたりと、さんざん苦労してきてなお、
解消できなかったのがアッサリ解決できました。

もっと早く気付けよ、自分。orz
スポンサーサイト
2006.07.08.Sat 22:38 | MINI備忘録 | trackback(-) | comment(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。